about

茶箱は一から十まで手作り。お茶の葉を新鮮に保つための防湿・防虫・防臭の機能は、百年も前から変わらず、これまでの形を大きく変えることなく、静岡の杉材を使い、日本の職人さんの手で作られてきたものです。

材料等さまざまな変遷はあれども、目指したのはひたすら「茶葉を新鮮に保つこと」。年月をかけた創意工夫は、茶箱に今も生きています。見えないところの拘り、細部への心配り。そんな職人技を後世に伝えたいと思い、このショップを立ち上げました。